iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

回転性めまい

「回転性めまい」は、しばしば「浮動性めまい」と混同されがちですが、これらの症状は異なり、回転性めまいを発生すると、身体は静止しているにも関わらず、周囲の景色や自分自身が回転しているかのような錯覚を起こします。今回は、回転性めまいとその治療法についてお伝えします。

原因

回転性めまいを生じると、平衡感覚を失ってふらついたり、身体がゆれているように感じることがあります。また、次の症状の一つまたは複数が見られることもあります。

また中耳炎を発症した際にも、回転性めまいが生じることがあります。これは、中耳に細菌などが入りこんで炎症が発生し、内耳の働きに異常が起きることで発生します。

メニエール病も、回転性めまいを生じさせる疾患の一つです。メニエール病を発症すると、回転性めまい、耳鳴り、難聴などの症状が繰り返し見られるようになります。

回転性めまいは、脳への血流が不足している時や、脳卒中により小脳出血が発生した時などにも生じることがあります。また、多発性硬化症や自己免疫疾患、更には頸部の怪我などにより神経や血管が圧迫された時にも、回転性めまいが起きやすくなります。

さらに、「聴神経腫瘍」と呼ばれる、聴神経を取り巻く鞘の細胞から発生する腫瘍が原因となり、回転性めまいが引き起こされることもあります。このケースの多くは、片側の耳のみに耳鳴りや難聴を伴います。

症状

回転性めまいを生じると、平衡感覚を失ってふらついたり、身体がゆれているように感じることがあります。また、次の症状の一つまたは複数が見られることもあります。

  • 吐き気、嘔吐
  • 発汗
  • 眼振(がんしん)の異常

回転性めまいの症状は、数分間から数時間の間持続します。また回転性めまいは他にも、塩分の摂取過多、運動、食生活、睡眠時の姿勢、トラウマなど、様々な原因により引き起こされることがあります。

特に注意すべき症状

新たな症状が発症したり、症状が収まらない時には、かかり付けの医師に相談しましょう。特に次の症状が見られる場合には、すぐに医師を訪れることが大切です。

  • 複視、視力の変化
  • 頭痛、偏頭痛
  • 脱力感、身体の震え
  • 会話困難
  • 眼振(がんしん)の異常
  • 意識の低下、神経系の機能低下
  • 腕や脚の筋力低下

回転性めまいの治療法

エプリー法:回転性めまいの治療法として推奨されることが多いのは、「エプリー法」と呼ばれる、頭や首を特定の位置に動かす方法です。これは主に医師や理学療法士など、専門家の監督の下で行われますが、医療機関で指導を受けた後、ご自宅で実行することも可能です。エプリー法を習得すると、患者自身が症状を緩和できるようになります。

ビタミンD良性発作性頭位性めまい症の患者で、血中のビタミンD濃度が不足している場合には、サプリメントが処方されることがあります。

植物療法:症状を緩和するために、ショウガ、イチョウ、ビンポセチン、ウコンなどが使われることがあります。

食物アレルギー:食物アレルギーが、回転性めまいの原因や症状の悪化に繋がることがあります。

鍼治療、漢方薬:鍼治療や漢方薬の摂取は、症状を軽減するのに役立つと伝えられています。

避けるべきこと

回転性めまいが発生している時には、カフェイン、アルコール飲料、塩分の摂取、そして喫煙を避けましょう。水分を十分に摂取することも大切です。また、顎部や頸部に負担が掛かりがちな、コンピュータを使ったデスクワークを長時間継続しないように気を付けましょう。なお患者の中には、回転性めまいの要因となり得る就寝中の歯ぎしりを防ぐために、マウスピースを装着している人もいます。

まとめ

回転性めまいは、頸部、内耳、脳などの身体の部位、食生活、更には顎関節症(顎の関節や咀嚼筋に異常が発生する病気)などが原因で発生します。

症状解消には、原因になっていると思われることを書き出すことから始めると良いでしょう。そして必要に応じて、周囲の人にもご自身がめまいを感じた時に共通していた点はないか聞き、それらをリストに追加してみましょう。

症状の緩和には、一般的な処方薬が使用されることもありますが、健康維持には、自分の身体の変化を感じ取ることが何よりも大切だと覚えておきましょう。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム