iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

家でリラックスできない人へ ウツ予防にもなる1分瞑想

日経ウーマン・オンライン – 奥田弘美


働く人に多い「過緊張」、1分間マインドフルネスで予防を

乳酸菌たっぷり腸内環境を整えてくれる、ドイツの「飲むパン」って?

MYLOHAS

美容にはかかせない腸内のメンテナンス。乳酸菌がとても大きな役割を果たすことはよく知られていますが、「生きたままの」乳酸菌を摂れるものとしてドイツで重宝されているのが「ブロート・トルンク」。飲むパンと言われている、ビューティー・ドリンクなんです。

子どもの急病にも安心!小児科医が待機する医療相談が人気

ダイヤモンド・オンライン – 吉田由紀子

子どもが夜間に突然、熱を出す、嘔吐したり腹痛を訴える……。その様子に驚いて、救急外来に駆け込んだ経験を持つお母さん、お父さんはいらっしゃるだろうか。おそらく、大半の方が、イエスと答えるに違いない。

軽度のADHDと診断され、将来が心配に どうしたらいい?

アピタル – 熊井洋美

24歳の長女。金融関係の職場で働いています。仕事でミスが続いて悩み、心療内科を受診すると「軽度の注意欠陥障害」と診断されました。

加齢に伴う「不眠症」が実は軽視できないワケ

東洋経済オンライン – Jane E. Brody 翻訳:東方雅美

不眠症は夜間に侵入する泥棒のようだ。何百万人から、特に60歳以上の人たちから、体力回復に必要な睡眠を奪っていく。

インフルエンザより怖い!? 新型ノロウイルス感染症を防ぐには

プレジデント・オンライン – 福島安紀

いったん下火になったノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が、また増加してきている。今シーズンの流行は、感染者が過去最高だった2006年に迫る勢いになっており、各地で餅つきが中止されるなど伝統行事にも影響が出る事態となった。

手のひらを前に向けて歩くだけで肩甲骨のゆがみがとれる

日経ウーマン・オンライン

手のひらウォークなら肩甲骨のゆがみがとれて、下腹もへこむ!

下半身太りを招く「浮き指」を知っていますか

東洋経済オンライン – 木下千寿

寒さもいよいよ厳しくなり、ブーツをはく機会が増えてきた今日このごろ。ガッチリムチッとした膝下の太さ、ガンコな足の冷えやむくみが気になっているという人も多いのでは?

寝る前スマホ厳禁!目の老化は認知障害に繋がる

ダイヤモンド・オンライン – 阿保義久

PC、スマホ…目が酷使される現代。五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を通じて入手した外界の情報を脳が処理・分析することで、私たちは思い通りの生活を営んでいます。

All About – 平井 千里

便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは</a>最近よく耳にする「腸内細菌」「腸内フローラ」といった言葉。「細菌」という言葉にネガティブな印象を持っている人も多そうですが、「腸内細菌」は腸内環境を整え、体調を管理する重要な役割を担っています。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム

print ''; /** lol **/