iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

心機一転、新年にあたって始めたい健康習慣

健康については、誰もに改善できる余地が残されているものです。真の健康体を手に入れるために、改めたい習慣がたくさんあるという人も多いのではないでしょうか。

今回は健康づくりのために、特に重点的に実行すべきことをご紹介します。これを参考に、ご自身の現在の状態を確認してみてください。

食生活の改善

身体全体に栄養が適切に行き渡っていないと、最高のパフォーマンスを発揮することはできません。次のステップに従って食生活の改善に努めましょう。

ステップ1:加工食品やファストフードの摂取を避けましょう。

ステップ2遺伝子組み換え食品の摂取をできる限り避けましょう。

ステップ3炭酸飲料、加工したジュース、高果糖コーンシロップを含む飲料、アルコール飲料など、炭水化物が多く含まれる液体の摂取を控えましょう。

ステップ4有機栽培された野菜、果物、穀物を積極的に摂取しましょう。また肉類は、できるだけ有機飼料または放し飼いにより飼育された動物(鶏、豚、牛、羊など)のものを摂取するように心がけましょう。

ステップ5食生活に「3:2:1:1」の割合を取り入れましょう。これは1日に摂取する食べ物の割合を、野菜3、新鮮な果物2、穀物類(米、トウモロコシ、キビなど)1にし、さらに40~70グラム程度のタンパク質を摂取することを意味します。

ステップ6水分を十分に補給しましょう。一般に、成人は1日に少なくとも2リットル以上の純水を摂取する必要があります。

ストレスの原因と解消

「自分にとっての成功」を毎年新たに定義づけてみましょう。多くの人は日常生活に追われ、キャリアアップや経済的な成功を収めるために優先的に取り組むべきことを見直さずにいます。また現在の生活を見直し、不要なストレスの原因を減らせないか考えてみましょう。ストレスは心理面にも影響を及ぼし、疾患の発症に繋がることがあるからです。

身体の回復

身体の回復力を高め、健康で調和の取れた人生を送るために実行できることがいくつかあります。まず最初に、適切な質や量の睡眠を得られていない人は、自分の生活において、何を優先させるべきかを見直してみましょう。ちなみに、1日の理想的な睡眠時間は7~8時間です。また、睡眠の質も重要です。少なくとも週2回、寝ている間に見た夢を起きてから思い出せない、または睡眠中に排尿感を感じて毎晩1回以上起床しているという場合には、睡眠の質が適切に維持されていません。

睡眠中にいびきを掻いたり寝返りを打つことが多い人や、睡眠時無呼吸症候群により呼吸が妨げられている人は、睡眠障害の検査を受けることをお勧めします。医師の指導のもと、患者自身が自宅で行える検査もあります。身体の回復には、睡眠の質と量が大切であることを忘れないようにしましょう。

物事のバランス

旅と同じく、人生は終着地へ辿りつくことだけが目的ではありません。目標に向かって進んでいる時には、物事のバランスを意識することが大切です。仕事に追われ、楽しみが何もない人は、大きな成功を収めているとは言い難いでしょう。また、将来を心配し過ぎたり、退職の準備に追われ、疲れ果てている人にも同じことが言えます。退職を迎えた人の中には、心身が消耗され、人生の最後の10~15年間を全く楽しめない人もいるのです。

人は、肉体と精神と魂のバランスが取れていなければなりません。そして、人としての存在の核を成すこれら3つの要素を良好に維持することが大切で、いずれが欠けても調和は成し得ません。2本脚の椅子では、3本脚の椅子のような安定感は得られないのと同じです。

まとめ

自分に対して正直になり、肉体、精神、魂の3つの面から自分を評価してみましょう。また、家族や友人と互いに評価し合えば、共に健康を促進できます。特に、新年は新たなことに挑戦するのに最適な時です!強い決意のもと、集中して取り組み、2015年は心身ともに健康で過ごせるようになりましょう。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム