iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

白内障

皆さんは、「白内障」についてご存じでしょうか。白内障とは、目の色が付いている虹彩という部分の下にある水晶体が濁ることにより、視界がぼやけて見えにくくなる目の疾患です。

白内障は、主に加齢に伴い発症します。症状の程度は様々ですが、60歳以上の約60パーセントが発症していると言われています。症状は、視界が少し霞んで見えるようになることから始まり、徐々に悪化すると視界がぼやけるようになります。進行を防がなければ、やがて失明に至ることもあります。

白内障は、できれば予防したい疾患の1つです。たとえば、外に出て、明るい陽射しを受けながら美しい景色を楽しむには鮮明な視界が不可欠ですし、霞んだ視界では、1日を過ごす態度や気分も違ってきてしまうからです。

白内障はレーザーなどによる手術で治療可能ですが、これらの手術にはリスクが伴うのも事実です。しかし、幸いなことに、白内障の発症や進行を防ぐには、自然療法を取り入れるという方法もあるのです。

次に、白内障の発症要因と防止対策をご紹介します。

  1. 過度の紫外線:ジェットスキーやハイキングなど、野外でスポーツを行うと、紫外線に晒される可能性が高まります。紫外線の影響が目に及ばないようにするには、紫外線対策用のサングラスやメガネを着用すると良いでしょう。
  2. 肥満:特に、摂取する食べ物に注意し、血糖値を適正範囲に保つようにしましょう。
  3. 経口または局所ステロイド剤、吸入ステロイド薬の使用:これらの服用や使用を止める必要はありませんが、ステロイドの使用による白内障の発症を防ぐ必要があります。
  4. スタチン系薬剤(リピトール、プラバスタチン、クレストール、ゾコールなど):スタチン系薬剤の服用は、体内のコエンザイムQ10濃度の低下に繋がります。コエンザイムQ10には、白内障の発症を防ぐ抗酸化作用や、免疫力を高める働きがあるので、クマジン(ワルファリン)などの血液凝固阻止剤を服用していたり、医師によりサプリメントの摂取を控えるように指導されていない限り、毎日補うことをお勧めします。

さらに、次の栄養素も白内障予防に役立ちます。

  1. ビタミンE、ビタミンA、ベータカロテン、カロテノイド:ビタミンEには白内障の予防や進行を防ぐのに役立つ抗酸化作用があります。ビタミンAは目の網膜を健康に保ち、白内障の予防に役立つ栄養素です。なお、皮膚疾患や夜間視力障害を発症している人は、ビタミンA濃度が低い傾向にあります。さらに、目の健康にはベータカロテンとカロテノイドも欠かせません。ニンジンをたくさん食べたり、ベータカロテンのサプリメントやマルチビタミンを摂取して補うと良いでしょう。
  2. ルテイン:目の網膜を保護する働きがあるルティンは、食生活でしっかり摂り入れたい栄養素の1つです。ルティンの1日の推奨摂取量は18~20ミリグラムです。
  3. ケルセチンなどのバイオフラボノイド:一部の食べ物に含まれ、抗酸化作用や抗血栓作用があります。また、アレルギー症状の抑制にも役立ち、結合組織を構成するコラーゲンの生成を助ける働きもします。
  4. セレン:セレンが不足すると、前立腺疾患や各種ガンのリスクが高まります。セレンが含まれる高品質のマルチビタミンの摂取をお考えになってみると良いでしょう。

白内障の症状には、様々な不快感が伴います。発症するまで待つのではなく、日頃から目の健康を維持するように心掛けることが大切です。そして、手術が必要になるほどに、症状を悪化させないようにしましょう。

健康な身体で毎日を過ごすには、積極的な取り組みが欠かせません。私たちは、目が正常に働くのを当然のように思いがちですが、それを維持するには、自分自身の努力も欠かせないことを忘れてはいけないのです。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム