iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

腎臓の健康

腎臓は、健康の維持には欠かせない敏感な臓器です。腎臓の内部は複雑に構成されており、この構造が重要な機能を果たすことを可能にしています。身体にとって必要不可欠な臓器である腎臓は、何らかの理由で1つが失われたとしても日常生活に大きな支障を来たさないよう2つあり、双方ともに、必要とされる機能を同じように果たしています。腰のやや上に左右1つずつ位置し、1番下の肋骨で保護されています。

腎臓は、主に次のような働きをしています。

  • 血液の浄化
  • ホルモンの分泌と調節
  • 血液に含まれる老廃物、毒素、余分な水分の排泄
  • 血圧の調整

微小循環

血液は生命の維持において大切な役割を担い、常に体内で循環し続けている液体です。血液は、私たちが吸い込む空気に含まれる酸素と、体外から摂取または体内で生成される栄養素を、身体を構成する約75兆個にも及ぶ細胞に届ける役割を果たしています。同時に、体内の老廃物を取り除くという役目も果たしています。

腎臓は、血液の浄化と物質の再吸収という重要な働きをしています。腎臓には、心臓から送り出される血液の約20パーセントが直接送られ、1日約190リットルの血液をろ過しています。この過程により、血液中に含まれる身体が吸収できない物質(例:アルコール)などが、尿として体外に排出されており、その量は僅か1.9リットルです。残りの血液は血液系に戻され、体内を循環し続けます。

血液が直接流れ込む臓器である腎臓には、体内の水分が適正に維持されているかを判断する働きもあります。水分が不足している場合には、尿として排泄するかわりに、体内の水分を保持します。これはまた、体内の水分の再利用と、種々の体液の濃度調整も可能にします。体内には水分が十分に補給されていることが大切であり、水分不足になると、腎臓は体内の毒素と老廃物の排泄を適切に行うことができません。

水分の取り過ぎは、身体に必要とされる電解質の排出に繋がることがあるので注意が必要です。電解質は、神経刺激伝達や調整機能に関わっており、体液中でバランスよく維持されている必要があります。長く健やかな生活を送るには、体内に摂取された水分が最適な状態で使用されるよう血液の流動性を良好に維持し、電解質を含む水を十分に摂取するように心掛けましょう。

ホルモン調整

腎臓は、次の3種類のホルモンを分泌しています。

  • レニン:このホルモンは、塩分と水分を使って血液の流れと速さをコントロールすることで、血圧を調整する働きをします。腎臓は血圧を利用して血液のろ過を行うので、血圧が低い場合には、血圧を上げるために血管を拡張するよう伝達するホルモンを分泌します。
  • エリスロポエチン:赤血球の数をコントロールするホルモンです。血中の酸素濃度が低いと、このホルモンが分泌され、赤血球を生成するように赤色骨髄に働きかけます。このホルモンは、体内の赤血球数が正常値以下(貧血症状)の人にとって特に重要です。
  • カルシトリオール:腎臓は骨の材料を生成するために、この活性型ビタミンDのホルモンを生成します。

これらのホルモンは、泌尿器系の円滑な機能を支えています。つまり、腎臓は血液のろ過および老廃物の排泄という重要な役割を果たす、必要不可欠な器官なのです。

腎不全

冒頭でお伝えした通り、腎臓は敏感な臓器であり、複雑な働きを担っています。腎不全などの疾患は、体内の毒素または高血圧が主な原因となって起こります。

腎不全を引き起こす毒素の一例としては、糖分が考えられます。糖分は身体に大きな負担を与える物質であり、体内に溜まると、泌尿器系の健康が阻害される可能性もあります。また、糖尿病は、糖分の吸収に必要とされるインスリンが不足することにより発症する可能性がある疾患です。

腎不全を引き起こす別の原因としては、循環器系に負担がかかることにより発生する血圧の上昇も考えられます。腎臓は血圧を利用して血液を浄化しますが、高血圧の場合には腎臓に負担がかかり、問題が引き起こされる可能性があるのです。高血圧は様々な要因によって発症するため、循環器系を健康に維持するよう心掛けることが大切です。

腎不全や腎疾患の発症を予防するには、予防策を取り入れることが重要です。また、腎臓の健康が阻害されている兆候が現れるまでには長期間を要することがあり、自覚症状が現れ始めたときには既に末期に至っている場合もあります。

腎不全を発症している人には、次のような症状が見られます。

  • 貧血(血液の喪失により発生)
  • 疲労
  • 電解質不足による神経刺激伝達の調整不良
  • ビタミンD不足による骨と免疫系の健康の喪失
  • 排尿回数の増加または減少
  • 血尿、色の薄い尿
  • 下肢部の浮腫(水分により痛みを伴わないで腫れる症候)
  • 体内の余分な毒素により発生する痒み
  • 吐き気、嘔吐

腎臓を健康に維持するには、真剣に取り組むことが大切です。これらの症状に心当たりがある方は、すぐにかかりつけの医師に相談してください。さらに、身体が毒素に晒されないように日頃から心掛け、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)などの循環器系の健康を阻害するリスク因子を可能な限り低減しましょう。

尿路感染症

腎臓に関係する疾患のうち、最も発症しやすいものは尿路感染症です。これは尿道や膀胱に発生する感染症で、腎臓にまで広がる可能性がある疾患です。男性にも発症することがありますが、男性の尿道は女性と比べて長いため、女性ほどに発症率は高くありません。

尿路感染症では、特に女性に、次のような症状が現れます。

  • 切迫した排尿感
  • 尿意があるのに、尿が出ない
  • 排尿時の痛み
  • 腰痛、背部痛
  • 腹痛
  • 発熱

尿路感染症が発症している可能性があると思われる場合には、かかりつけの医師に相談し、尿検査を受けましょう。通常、細菌感染症の治療には抗生物質が処方されます。

また、研究結果によると、クランベリージュースは尿のpHバランスを酸性化させ、膀胱壁に細菌が付着するのを予防する効果があると伝えられています。尿を酸性化させることで、細菌の繁殖を防ぐことが可能なのです。さらに、体内の老廃物を一掃する目的で、きれいな水を大目に摂取することも推奨されています。

健康を維持するためのヒント:

  • 少なくとも1日1.8 ~ 2リットルの水を摂取する
  • トイレに行きたいと感じるときは、我慢せず行くようにする
  • 性行為の前後にコップ1杯の水を飲む
  • 性行為の直後に排尿する
  • お風呂に入る代わりに、シャワーを浴びるようにする。湯船に浸かる時間が長い程、感染症に罹りやすくなる

(※女性は、ビデや女性用局部洗浄製品を使用しないようにする)

泌尿器系を健康に維持することで、生活に支障を来たすような疾患を未然に防げます。しかし、単に健康を維持するだけでなく、身体が最高の状態で機能するために必要な量の栄養を摂取している人は、ほとんどいないのが事実です。このため、著名な医療専門家の多くが、高品質なマルチビタミンを日常の生活に取り入れるよう推奨しています。

腎臓の健康を維持する鍵は、水分を十分に補給し、尿意を感じたら数分以内に排尿して、体内の毒素と老廃物を取り除くようにすることです。尿を体内に溜めておく時間が長いほど、感染症を発症する可能性が高まるのです。

また、タンパク質を過剰に摂取しないようにすることも大切です。特に水分補給が十分でない時には、高タンパクの食事が腎臓に負担をかける結果となってしまいます。また男女ともに、感染症の発症を防ぐため、性行為の後には排尿するように心掛けましょう。

まとめ

腎臓は、腸の後方、腹部の中心辺りに位置している、握りこぶし程度の大きさの臓器です。腎臓は、精密に構成された泌尿器系の一部として、血圧の調整、ホルモンの分泌、血液の浄化、栄養素と水分の再吸収、尿の生成という多くの重要な役割を果たしています。その働きが妨げられると、腎不全、ガン、老廃物や水分の蓄積に繋がる血液浄化機能の低下などのリスクが高まります。

腎臓の健康維持においては、微小循環も重要な役割を果たしています。血流を健康に維持し、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の濃度を低く維持することは、腎臓全体の健康にとって有益です。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム