iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

健康な肌

きれいな肌は多くの人の憧れです。長期に渡って美しい肌を保つには、皮膚の健康を維持することが不可欠です。これは、特に年齢を重ねるにつれ重要になります。

一部の人は、生まれつき健康で丈夫な肌に恵まれています。しかし多くの人の肌には、日常生活でストレスを感じたりすることで早期老化が起こります。今回は、お肌の老化に負けず、ハリとツヤがある健康な肌をつくるための簡単な方法をいくつかお伝えいたします。

皮膚を健康に維持するには、その構造と機能を理解することが大切です。皮膚には約2.5平方センチあたり1900万個もの細胞があり、5週間周期で生まれ変わっています。また、皮膚は複数の層で構成されており、その中には真皮と呼ばれる層が含まれています。この層には、滑らかでハリのある肌をつくる働きをするコラーゲンなどで構成された結合組織が含まれており、常にビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレン、ヒアルロン酸などを必要としています。そのため、これらの栄養素を適量摂取することで、必要とされる栄養が行き渡り、皮膚の修復機能が適切に働くようになります。

皮膚の主な役割は、身体を外界から保護することです。人間の身体は、皮膚があるからこそ、体温を一定に保ち、ウィルスなどの侵入を防ぐことで感染を予防するとともに、怪我の治癒もできるのです。さらに皮膚には、日光に当たった時にビタミンDの合成を助ける働きもあります。

年齢を重ねるにつれ、皮膚の弾力性や修復力は徐々に低下します。この状態を物に例えるならば、輪ゴムです。新しい輪ゴムは伸ばしてもすぐ元の形に戻りますが、何度も伸ばしていると時間の経過とともにもろくなってひび割れし、ついには切れてしまいます。皮膚も同じで、伸長と収縮を繰り返すうちにダメージが積み重なっていくのです。

残念ながら、老化を止めることはできません。とは言え、皮膚の早期老化は避けることが可能です。次に、健康でいきいきとしたお肌を保つための簡単な方法をいくつかご紹介しますので、是非実行してみてください。

1. ヒアルロン酸と水分補給:赤ちゃんの肌は何故あんなにも透き通るようで美しいのか不思議に思ったことはありませんか?その理由は、赤ちゃんの皮膚には弾力性を保つコラーゲンと、天然の保湿剤のような働きをするヒアルロン酸がたっぷり含まれているからです。これらは加齢と共に減少する成分ですが、ガッカリする必要はありません。ヒアルロン酸は局所使用や、サプリメントとして摂り入れることも可能なのです。さらに、皮膚の潤いを十分に保つためには、少なくとも1日1.8リットルの水を摂取するように心掛けましょう。

2. 運動:ランニングや水泳などの有酸素運動をすると、血液の循環が促進され、身体全体に酸素が行き渡ります。運動すると頬に赤みがさすのは、血流が高まり、皮膚の各層に酸素や栄養素が行き渡っている証拠なのです。

3. ビタミンC:強力な抗酸化作用があることで知られるビタミンCですが、実はコラーゲンの生成にも欠かせない栄養素です。皮膚の真皮は、1本では微弱なコラーゲン線維が複数集まって網状になり、強度と伸長性を持つように構成されています。そのため、ビタミンCを十分に摂取することで、コラーゲンが生成され、美しくハリのある皮膚を保てるようになります。

4. 脂肪酸:オメガ3脂肪酸は、抗炎症作用や保湿効果がある必須脂肪酸です。体内で生成することができないため、この脂肪酸が含まれる脂の乗った魚や、アマニ油、魚油などを摂取すると良いでしょう。

5. ビタミンA、ビタミンE:細胞へのダメージを防ぐ抗酸化作用があり、皮膚細胞の修復にも使われるため重要なビタミンです。

お肌の健康づくりは、身体の他の部分の健康づくりに似ています。どの程度真剣に取り組むかが、健康を左右するのです。そして、健康な肌とは、ただ単に若々しいだけではなく、栄養が適切に行き渡り、身体を保護する役割を果たしている肌のことです。

今日からでも、お肌の健康づくりに取り組みましょう!身体の内面の健康を促進することで、身体の外面にも変化が見られるようになります。真の美しさとは、まさに内面の美しさから滲み出てくるものなのです。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム