iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

精神の健康

敏捷性と集中力

脳は約1000億個にも及ぶ、膨大な数の細胞から構成されています。しかし、ニューロンと呼ばれるこれらの細胞は、毎秒およそ1個ずつ死滅しており、1日では計8万6400個もが失われています。

精神的なストレスを感じたり、栄養素や酸素が不足すると、脳細胞の喪失率は更に高まります。1秒間に通常の2~5倍の細胞が死滅し、これに比例して1日あたりの細胞喪失数も飛躍的に増加するのです。たとえば、1日に30万個の細胞が失われたとすると、1か月で900万個、1年間では1億個以上の細胞が死滅する計算になります。

脳の質量は体重のわずか2%程度です。しかし、適切に機能するには多くの酸素が必要であり、心臓から送り出される酸素の20%が脳で使われています。脳の早期老化を防ぎ、明晰な精神を保つには、意識しながら予防に取り組み、日常生活で正しい選択をすることが大切です。

比較的単純なものから複雑なものまで、精神の明晰さが低下する理由は様々です。一般的には、数週間から数か月間ストレスを抱え続けると、活力が低下し、集中力や明晰さも低下すると伝えられています。

精神面の変化の原因が食生活の変化にあると考えられる場合には、食物アレルギー検査を受けたり、一度元の食生活に戻してみると良いでしょう。たとえ小さな変化でも、身体は最高の状態で機能できなくなることがあります。さらに、薬やサプリメントの開始や中止が原因で、脳機能に変化が現れることもあります。症状が見られ始めたら、1~3か月前まで遡って原因を考えてみましょう。

ストレス

ストレスも脳の健康が損われる原因の1つです。ストレスは炎症を促進したり、身体を病気にかかりやすい状態にするだけではなく、疲労を感じたり、集中力を低下させる原因にもなります。さらに、ストレスにより、次の症状が見られるようになることもあります。

  • 混乱
  • 燃え尽き症候群
  • 物忘れ
  • 集中力の低下
  • 落着きのなさ

健康で活力のある人生を送り、長寿を叶えるための基盤を整えるには、ストレス管理が欠かせません。ストレスは無意識のうちに溜まり、社会生活を妨げる原因となる可能性もあります。最近ではインターネットなどを利用してストレス度を診断することもできるので、チェックしてみるとよいでしょう。

睡眠衛生

脳の健康を維持するには、睡眠も大切です。特に、睡眠サイクルを適正に維持することが重要なので、乱れが生じている場合には、正しいサイクルに戻すように努めましょう。

通常、1日に必要とされる睡眠時間は7~8時間です。また、睡眠の質にも気を配る必要があります。身体は睡眠中に修復されますが、酸素が十分に供給されていないと、この修復作業が正しく行われません。必要に応じていびきや一時的な無呼吸を防止する手段を講じ、熟睡できるようにしましょう。

安眠枕を使用してみるのも一案です。安眠枕は微小循環を高め、脳に酸素が行き渡るようにするとともに、頭を支える頚椎を適切にサポートするのにも役立ちます。安眠枕を使用することで、多くの人が深く安らかな眠りを手に入れ、心身ともにスッキリした清々しい朝を迎えています。

眠れない夜を過ごしたり、起床時に疲れを感じる人は、「良い眠りは何物にも代え難い」と言います。また、精神の明晰さが低下したと感じる人の多くは、口を揃えて「眠りにつきづらい」、「長時間眠れない」、「睡眠時に不快感を感じる」などと共通の症状を訴えています。健康の維持には、良質の睡眠が欠かせないのです。

水分補給

精神の明晰さを維持するには、水分を十分に補給することも大切です。水分不足になると、集中力や脳の機能の低下に繋がります。

塩素化処理されていない水を、1日に少なくとも1.8リットル程度摂取するようにしましょう。ご自宅に塩素除去効果のある蛇口フィルタが取り付けられていないのであれば、心身の健康を促進するための投資と考えて、購入するのも良いかもしれません。このように、簡単にできることでも、身体に多くの変化が見られるようになります。

水分補給には、スポーツドリンクを活用しても良いでしょう。なお、市販されているスポーツドリンクの多くには糖分が含まれていますが、「Zenrise」は無糖です。Zenrise1袋を300~420mlの水で溶かして飲むと、約20分後には心身のエネルギーが高まり、その状態が最長6時間継続します。

Zenriseは、特に精神の明晰さを高めることを目的として調合されており、他のスポーツドリンクのように効果が切れたときに大きな疲労感を感じることもありません。また、効果が長く持続するのも特徴です。Zenriseは身体の水分維持に欠かせないアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルをバランス良く含む理想的なドリンクであり、Zenriseから摂取する水分は、1日の水分摂取量の一部にもなります。

姿勢

姿勢が悪いと、筋肉や関節が疲労します。たとえば、長時間のデスクワークは、筋肉や関節に負担をかけ、身体の様々な部分への微小循環を妨げるため、精神の明晰さを低下させる原因になります。

首回りの血行が良くない人も増えていますが、これは心臓から脳への血液循環が悪化する原因となります。また、近年では、コンピュータの使用などにより、座りがちな生活を送る人が増え、29歳という若年齢の人にも背骨の変形が見られるようになりました。損傷された細胞の数が約10万個にのぼると、骨の変形による影響が現れ始めます。骨、腱、靭帯、筋肉の損傷を予防するには、日頃から正しい姿勢を保とうという意識を持つことが大切です。

微小循環

心血管疾患や血液循環の悪化は、心身の健康に多くの悪影響を及ぼします。脳への血液循環、記憶力、明晰さ、集中力などの認知能力を良好に維持するには、脳細胞にエネルギー源となる栄養が十分に行き届き、細胞が再生される必要があるのです。

年齢を重ねるにつれ、血液がドロドロになり動脈や毛細血管が狭窄します。すると、脳をはじめとする重要な臓器への血流が滞り、栄養素が十分に行き届かなくなったり、血液の浄化が不十分になります。つまり、二酸化炭素、老廃物、環境毒素の除去や細胞の再生に必要な、酸素や栄養素が十分に行き渡らない状態が発生するのです。したがって、血管を保護し、健康に維持することが、心身の健康の維持と直接関係していると言えるでしょう。

心身を健康に維持するには、運動を定期的に行い、血流を増やすのも効果的です。運動はストレスに対する耐性を高めるだけではなく、微小循環を促進するにも役立ちます。運動量は多いほど、様々な臓器に酸素が送り込まれるようになります。

また、実は多くの人は栄養不足にあります。「集中力が低下した」、「頭が冴えない」などと感じる人は、栄養不足が原因なのかもしれません。

単に健康を維持するだけでなく、身体が最高の状態で機能するために必要な量の栄養を摂取している人は、ほとんどいないのが事実です。このため、著名な医師の多くが、高品質なマルチビタミンを日常の生活に取り入れるよう推奨しています。サプリメントを取り入れることで、食生活に不足している栄養素を補えます。

まとめ

「頭がぼんやりする」、「集中力が低下しているかも」などと感じる場合、これらの症状は他の問題の兆候かもしれません。たとえば、エネルギーが足りないと感じるなら、実は睡眠不足が原因かもしれないのです。また、過剰なストレス、不健康な食生活、水分不足、長時間の悪い姿勢などが原因である可能性もあります。

精神の明晰さを保つためには、日常生活で簡単に取り組めることもあります。睡眠パターンの管理、ストレス管理など、自分が変えられることから始めてみましょう。サプリメントから栄養素を摂り入れるのも身体の機能を向上するのに良い方法です。

微小循環を高め、脳と神経系に栄養を適切に行き渡らせることで、長期に渡って精神を健康に保ち、活力のある生活を送りましょう。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム