iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

消化器官

胆嚢(たんのう)は、消化器官を補助しており、管で肝臓と小腸に結ばれています。この臓器は肝臓の横に位置しており、肝臓により生成される胆汁を蓄え、消化を助ける働きをします。胆汁は、ビリルビン、コレステロール、リン脂質、脂肪酸、水、電解質から構成されるアルカリ性の液体で、摂取した食物の酸を中和したり、脂肪を乳化するために使用されます。消化過程を通じて、脂溶性ビタミンA・D・E・Kなどを理想的に吸収するには、十分な量の胆汁が必要です。また、胆汁は、肝臓の解毒過程で生成されたホルモンや化学物質の排出を促進する役目も担っています。   胆汁は、食物の消化を助け、ビタミンその他の栄養素を抽出するために、胆嚢の収縮時に小腸に流し込まれます。肝臓から分泌される胆汁の成分のバランスが崩れると、胆汁の成分の一部が固まり、胆石が形成されることがあります。そして、胆嚢が胆石を排出しようと収縮する際に、激烈な痛みを伴います。また、胆石が詰まると、手術が必要になる場合もあります。   実は、誰の体内にも胆石が存在している可能性があります。しかし、多くの人は胆石を有していることや、胆石を体外に出したことに気づいていません。または、幸運にも、管を通じて小腸へ出すことが可能な程度の小さな塊であった可能性もあります。統計では、40歳以上の女性の20%、男性の8%が胆嚢に胆石を有していると示されています。   以下のいずれかに当てはまる方は、胆石形成のリスクが高まります。 • 女性:女性は男性よりも胆石ができやすい • 高脂肪の食生活を送っている人:高脂肪食はコレステロール値を上昇し、胆汁の成分のバランスを崩す可能性を高める • アメリカ先住民の女性:30歳以上のアメリカ先住民の女性の75%が胆石を保有 • 肥満:高脂肪食を摂取しているか、体重を減量中であるかどうかにかかわらず、コレステロールの流入により胆石が生成される可能性がある • 薬:不要なコレステロールを取り除く作用がある薬を服用している場合には、胆嚢を通じてコレステロールが排出され、胆汁の成分のバランスが崩れる • 病気:胆汁やコレステロールの吸収・分泌に問題があると胆石が形成されやすくなるため、消化器系の既存疾患を有する人は高リスク   胆石の形成を防ぐ最善の対処法は予防を心掛けることです。しかし、それが可能でない場合には、薬で胆石を溶かす、胆嚢の摘出手術を受ける、などの方法が考えられます。   胆石の予防には、栄養をバランス良く摂ることが大切です。水溶性食物繊維、野菜、果物を多く摂取し、保存料、脂肪、生成された砂糖(例:白砂糖)を避けると、身体が最適に機能する助けになります。   また、胆石の個人歴・家族歴がある方は、普段から食物アレルギーや潜在性食物アレルゲンを積極的に特定するようにしてください。アメリカでは、自宅で手軽に検査し、国家認定試験機関に送ることができる、一般的な食物96種類に対する免疫反応を検査する食物アレルギー検査キットを利用する人もいます。多くの医療専門家は、胆嚢の化学物質のバランスと健康は、食物アレルギーによって変化する可能性があると報告しています。そのため、食物アレルギーの検査は、予防治療における有益な第一歩となるはずです。また、胆石が原因ですでに胆嚢を摘出している方も、食物アレルギー検査を受けておくことをお勧めします。   手術で胆嚢そのものを摘出するという方法もあります。しかし、手術が高額であることや、回復までの時間が長いことを考慮すると、人によっては現実的な選択肢とは言えない場合があります。胆石の治療が必要となった場合には、治   療法についてご自分である程度調べた上で、かかりつけの医師とよく相談してください。いずれにしても、バランスの摂れた栄養を摂取するよう心掛けることが大切です。   胆石がある方や胆石ができる可能性を低下させたい方は、一般に次のことに注意するとよいでしょう。 • 豆類の摂取を控える:豆類は食物繊維を豊富に含むが、コレステロールを濃縮する • 動物性脂肪の摂取を控える • 糖分は胆石の形成につながる可能性があるため、摂取を控える • 胆石がある場合には、コーヒーやアルコールなどの刺激物を控える • 栄養不足は胆石の形成を助長する可能性があるため、日常生活でマルチビタミン剤を摂取する • 重要な栄養素を摂取する • レシチン:レシチンは胆汁の成分であり、レシチンが制限された食事を摂取している場合には、胆石が形成される可能性がある • ビタミンA・C・D・E・K • 魚油のサプリメント剤を摂る:魚油は胆汁の成分のバランスを整える働きを持つと言われている   胆汁の成分のバランスが崩れると胆石が形成されます。結石が大きいと、胆嚢からの排出が困難になり、胆管に詰まってしまうことがあります。胆石が詰まると胆汁の流れが妨げられ、本来の機能を果たせなくなります。すると、皮膚が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が現れることがあります。このような場合には、胆管を塞いでいる結石を取り除かなくてはなりません。   食後に右肩にかけて違和感を覚える場合や、肋骨の右下部にもたれを感じる場合、または消化不良の症状が見られる場合には、必ずかかりつけの医師に肝臓と胆嚢の検査を行ってもらうようにしましょう。   胆石が生じた場合、痛みを伴うという難点はあるものの、最も望ましいのが自然排出です。しかし、排出されない場合には、手術が必要になります。   まとめ 胆嚢は、コレステロールの生成と分解において重要な役割を果たします。そのため、胆石ができやすい方は、総合的に健康を維持するように心掛けることが大切です。今日のアメリカ人の食生活は脂肪分と糖分が多く、これらは両方とも消化器官の健康に悪影響を与えています。この状態を解消するための方法はいくつか考えられますが、胆石は、栄養のバランスが取れた食生活を送り、サプリメント剤を摂取することで予防できます。しかし、胆石の重症度と結成頻度によっては、かかりつけの医師に治療法などを相談してください。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム