iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

環境汚染の脅威からDNAを守るビタミンB群

ビタミンB群は、健康維持に大切なビタミンとして、マルチビタミン剤に含まれていたり、単独のサプリメントとしても販売されています。皆さんは、ビタミンB群がこれほど重要視されている理由をご存知でしょうか?一般に、ビタミンB群は元気の源だとか、ストレスの軽減をサポートするビタミンであると理解されています。もちろんこれらは大きな特長ですが、ビタミンB群はその他にも、脳内化学物質、排毒機能、生体に不可欠な様々な代謝経路のサポートから、さらにはDNAの保護に至るまで、人体の生命活動において非常に重要な多くの役割を果たしています。

現代社会には、不健康な食生活、生活習慣、ストレス、有害物質、一部の医薬品、公害など、健康維持に望ましくない環境要因が多数存在しており、こうした要因が直接的あるいは間接的に人体のDNAに影響を及ぼすことを裏付ける症例が近年、増加傾向を示しています。

アメリカの科学アカデミー発行の機関誌『米国科学アカデミー紀要』の最近号に、ビタミンB12、葉酸、B6は、エピゲノムの保護をサポートするとの研究報告が掲載されています。エピゲノムとは、DNA配列を正常に保つ上で重要な役割を担う物質ですが、上述の環境要因がDNAに間接的に作用すると、その影響はエピゲノムを介して現れ、エピジェネティック変異と呼ばれます。

DNAに異常が発生し、生体にとって不可欠な「メチル化」と呼ばれる生化学プロセスが阻害されることがありますが、これはエピジェネティック変異の典型的な例と言えます。メチル化は遺伝子情報の制御に深く関わっています。たとえば、メチル化が不十分で、遺伝発現が適切に停止されないと、骨粗しょう症、糖尿病、ガン、認知症その他、長期的症状を引き起こす可能性が高まってしまうのです。

『米国科学アカデミー紀要』誌に掲載された、大気汚染とビタミンB群補給に関する実験結果では、ビタミンB群が大気汚染からDNAを保護することが明らかになっています。ちなみに、人体には複数種のDNAが存在します。

  • 両親から半分ずつ受け継いだ、その人特有の「核DNA」
  • 細胞の主なエネルギー源となるATPの生成をコントロールし、DNAの正常な機能をサポートする「ミトコンドリアDNA」
  • 消化器官や身体のあらゆる部位で自然に発生する「微生物および菌類のDNA」

ミトコンドリアや腸内に住むバクテリアも含め、人体を構成する何兆個もの細胞全てにおいて適切なメチル化が行われてこそ、身体機能をあらゆる角度から正常に保てる体内環境を維持できるのです。

私は患者さんに、最適量のビタミンB群を毎日欠かさず摂取するよう指導していますが、その結果、スタミナがアップしたとか、神経系が改善したとの感想を聞きました。就寝中によく夢を見るようになったという患者さんさえいます。健康維持は、病気の予防から。それには、身体に充分な栄養素を積極的に取り入れることです。

クリス・D・メレティス博士 著

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム