iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

一酸化窒素:身体に必要不可欠な物質

一酸化窒素(NO)は、身体にとって酸素の次に大切な気体です。1998年、3人の薬理学者がヒトの体内、特に心臓における一酸化窒素の重要な役割を発見したことにより、ノーベル賞を受賞しました。当時のアメリカ心臓協会会長ヴァレンティン・フスター博士は、次のように述べています。

「一酸化窒素とその機能の発見は、心血管医学史上、最も重要なものである」

一酸化窒素は、合計約10万kmにわたる血管内に浮遊し、各細胞へと到達しますが、その半減期は3~5秒です。つまり、体内で生成された一酸化窒素は、約5秒以内に劣化していくため、身体は健康状態を保つために、常に一酸化窒素を生成しなくてはなりません。

しかし40~50歳代になると、体内での一酸化窒素の生成率は、それ以前の5割前後に減少します。一酸化窒素は心臓だけではなく、免疫機能、勃起機能、脳機能、血管拡張など様々な機能に必要不可欠であるため、その生成能力をサポートする必要があります。

今年、医学誌『Nutrients』に掲載された記事によると、ビート根のジュースを摂取すると、アスリートの心肺持久力が向上し得ることがわかりました。この研究では、久力酸素消費とエネルギー生成の関係を測定した結果、一酸化窒素増加後に運動能力が向上したことが認められました。こうしたパフォーマンスの向上はその他の様々な領域でも見受けられました。最大強度下での疲労に到達するまでの時間が長くなり、心肺機能は活発になり、無酸素性作業閾値ならびに最大酸素摂取量(VO2max)における心肺活動が向上したのです。

過去の研究で、ビート根のジュースは一酸化窒素の生成を促すことがすでに指摘されています。さらに、ケール、白菜、スイカ、葉野菜にも同様の効果があることが明らかになっています。一酸化窒素を生成するアルギニンとシトルリンを含むサプリメントの摂取も有効です。

また、糖尿病患者の場合、一酸化窒素レベルが低いと悪循環に陥ると指摘されており、一酸化窒素レベルを適切に保つ努力をすることが特に大切です。

一酸化窒素レベルを最適に維持すると、以下のような病状対策に効果的であると言われています。

  • 高血圧症
  • アテローム性動脈硬化
  • 血栓症
  • アルツハイマー病
  • 勃起障害
  • 末梢動脈疾患
  • 免疫機能不全
  • 慢性炎症

まとめ

私のクリニックを訪れる患者さんの大半は、健康に気を遣う人たちです。それにも関わらず、一酸化窒素レベルを色の変化で判別できる唾液試験紙法を行うと、90%以上の人たちが一酸化窒素レベルが低いという結果が出ました。

これは、一酸化窒素のレベルは加齢やストレスによって低下してくるのに反し、ほとんどの人がそのレベルを維持する対策を行っていないことを示しています。この重要な物質を維持するために、野菜やシトルリンのサプリメントを十分に摂取することを心がけましょう。

クリス・D・メレティス博士 著

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム