iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

快適な体感温度を保つことの大切さ

真夏や真冬などの厳しい気候の下、私たちは、知らず知らずの内に、快適さを損なう習慣を身に付けてしまっている可能性があります。20年以上臨床医として忙しく過ごしてきた私は、患者さんが、特にこれといった理由に思い当たらないまま悩んでいる不調の原因を突き止めるために多くの時間を費やしてきました。

暑い夏は多くの人が、車内、自宅、オフィスなどでエアコンを効かせて涼を取ります。一方、冬になると暖房を最大限に活用します。皆さんの中には、暖房器具の温度を最高に設定するのが好きな家族や同僚を持つ方もいらっしゃることでしょう。しかし、その室温は、あなたにとっての適温よりもずっと高いかもしれません。

もしあなたが、自分の暑いと感じる環境に頻繁に置かれているのなら、『Environmental Research』というアメリカの科学誌の2016年11月号に発表された以下の研究結果に同感されるのではないでしょうか。

これは、アメリカ在住の18歳以上の成人190万人を対象に、心理的な健康状態と気温との関連を調査した研究で、温度が高いほど、心理的な幸福感を大きく損なうと結論づけています。

調査では、気温別に被験者の反応の違いが比較されました。平均的な気温である摂氏10~16度と、高めの気温設定である21度以上を比較した結果、21度以上では、喜びや幸せなどのポジティブな感情が低下し、ストレスや怒りなどのネガティブな感情や疲労感が増幅されることが明らかとなりました。

会社の室温を自由に設定できる方など稀でしょうが、中には自宅の室温設定もままならない方もいらっしゃることでしょう。このような場合、私は患者さんに、夏冬共に体温を低めに保つ努力をするよう勧めています。周りの人の迷惑にならないよう、会社や自宅に机上扇風機を置くと良いでしょう。また、水分や電解質も補給して脱水症状を予防します。

気温の高低に関わらず、自分が暑いと感じたら冷たい飲み物を取ることをお勧めします。特に、暑いと感じる場所に行くことが前もって分かっている場合は、冷たい飲み物を持参するとよいでしょう。扇風機を四六時中持ち歩くことはできませんが、冷たい飲み物なら手軽にリフレッシュできます。上記に太字で記した感情の変化を意識しましょう。皆さんがこの冬、そして次の夏にかけて、予防可能な不快さを軽減できるよう願っています。

When is Warm Too Warm?

During mid-summer and winter time alike, you may be engaging in habits that contribute to your personal discomfort. As a busy clinician for over two decades, I’ve spent much of my time helping patients decipher the riddle of symptoms that they present with relative to their health complaints.

Summers can become quite warm, and many of us enjoy a nice air-conditioned car, home or office building. Conversely during the winter, family members or co-workers may prefer to keep the thermostat cranked up a couple degrees beyond your comfort zone.

If you’ve often found yourself uncomfortable due to the temperature of your immediate environment being warmer than you prefer, you’ll likely appreciate this powerful 2016 finding from a scientific journal.

Researchers examined the emotional well-being of members of the U.S. population over the age of 18. After analysis of 1.9 million Americans surveyed, they determined that increasing temperatures significantly reduced the subjects’ sense of well-being.

Study facilitators compared the participants’ response during average daily temperatures in the 50-60°F (10-16°C) range to that during temperatures above 70°F (21°C). At temperatures above 70 degrees, they detected a reduction in positive emotions (e.g. joy, happiness), an increase negative emotions (e.g. stress, anger), and increased fatigue (feeling tired, low energy).

While you might not have sole control over your office thermostat, nor even that in your home, here are some tricks that I encourage my patients to try during the summer and winter months to maintain a cooler body temperature. Get a small portable fan for your work desk or living area that you can use to stay cool without disturbing others. Keep well hydrated with water and electrolytes.

Drinking iced beverages shouldn’t be limited to days when it’s hot outside, especially if you know you will be subjected to an environment that is too warm for you! You may not be able to walk around with a fan 24 hours 7 days a week, but a cool beverage can put you in charge. Remember the symptoms associated with higher ambient temperatures, described in bold print above. It is my hope that this will help liberate you from unnecessary suffering throughout this winter and into next summer.

Increasing ambient temperature reduces emotional well-being. Environ Res. 2016 Nov;151:124-129.

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム