iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

花の健康効果

花は遥か昔から人々に愛でられてきましたが、その魅力は美しさや香りの良さだけに留まりません。被服、薬品、食品、お茶などの用途に、古代より世界中で頻繁に栽培されてきました。その多くの用途のひとつに、治療に植物を用いるハーブ療法があり、その歴史は紀元前500年まで遡ります。また、空気中の有毒物質の減少、消化不良の解消、ビタミンC摂取量の向上など、数多くのホメオパシー(自然療法)的な利用法があります。

英語に「4月の雨は5月の花をもたらす」という諺があるとおり、まさに今月は健康に効果のある様々な花に巡り合える月です。今回は、この季節に開花する美しい花々を最大限に利用する方法についてご紹介しましょう。

ローズヒップ:高さ3メートルまで育ち、香りのある白い花を付ける種類のバラの実です。ビタミンCと抗酸化物質を豊富に含み、さらに抗炎症効果のある成分も含まれることを示す研究結果も報告されています。お茶として飲用したり、ローズヒップオイルをお休み前のスキンケアに取り入れるのがお勧めです。

スパティフィルム:日陰や低温でもよく育つ手入れが簡単な植物で、白い花を咲かせます。アメリカ航空宇宙局(NASA)が行った有名な実験により、この植物が一酸化炭素、ホルムアルデヒド、ベンジンなど家庭の空気中に見られる有毒物質を減少させることが明らかになりました。空気をきれいにするために、室内にスパティフィルムを一鉢置いてみてはいかがでしょうか。葉に元気がなくなってから水をやる程度で、頻繁な水やりは不要です。

ラベンダー:ミントと同じシソ科で、背の高い紫色の花を付けます。ラベンダーから抽出される精油は、不眠解消や鎮痛その他、多くの効能を持ち、数ある精油の中でも世界的に最も多く使われています。快眠・リラックス効果を得るには、お風呂に精油を数滴垂らしてみてください。また、お風呂にゆっくり浸かる時間がない方は、沸騰したお湯をマグカップなどに入れて精油を数滴垂らし、寝室に香りを行きわたらせるのもお勧めです(飲用ではありません)。

ベニバナ:鮮やかな黄色とオレンジ色のアザミに似た花を咲かせる植物で、植物油採取の目的で商業用に栽培されています。ベニバナ油が低比重リポ蛋白コレステロール、いわゆる「悪玉」コレステロール値の低下に効果的であるという研究結果が報告されています。また、他の食用油より高い温度にまで加熱できるため、野菜炒めや卵料理に適しています。

カモミール:デイジーのような花を付けるカモミールは、古代エジプト、ギリシャ、ローマ時代より、逆流性食道炎や下痢、吐き気など、消化器官の不調に効くお茶として飲用されてきました。また、毛髪の脱色や肌の美白作用があるとされています。定期的に、洗髪の仕上げにカモミールティーで髪をすすぐと、色が明るくなります。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム