iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

ヨウ素については、オーストラリアを見習おう!

ヨウ素の重要性については以前からお伝えしていますが、今回のブログでは、ヨウ素不足の問題に積極的に取り組む国、オーストラリアに関する情報をお伝えします。 2009年10月、オーストラリア連邦政府は、パン製品を製造する際に、普通塩とともに、ヨウ素添加塩を使用するように義務づけました。この規定は、オーストラリアの総人口約2200万人のうち、一部の地域に居住する人にヨウ素欠乏症が見られたため、それを解消することを目的に制定されたものです。 近年、私たちの周りでは、飲用水や歯磨き粉に含まれるフッ化物、パンや一部の飲料に含まれる臭素、環境汚染物質の過塩素酸塩の量が増加しています。これらは、体内のヨウ素吸収を阻害する成分であり、健康を維持するには、体内のヨウ素濃度を高める必要があります。   残念なことに、米国では、オーストラリアのようにヨウ素添加パンを摂取することは、一般的ではありません。したがって、食生活において、ヨウ素を含む食物を積極的に摂り入れるよう心掛けることが大切です。周囲を海に囲まれた日本では、ヨウ素を豊富に含む海藻類の摂取量が多いのですが、この食材は、西洋諸国では日常の食生活において見落としがちな食材の1つです。 ヨウ素は、私たちの健康を維持するために大切な栄養素です。私は、近いうちに、冒頭でご紹介したオーストラリアの取り組みのように、米国でもヨウ素不足から国民を守ろうという意識が高まることを願っています。 

緑茶を飲んで心臓の健康を維持

医療専門家は、今年、米国のみでも約40万人の男女が心臓病により死亡すると予測しています。 最近になって、「没食子酸エピガロカテキン(EGCG)」という成分が、心臓の健康維持に有効であるとの報告がなされました。今回のブログでは、緑茶に含まれるこの強力な天然成分についてご紹介します。 血液中のコレステロール、脂肪分、カルシウムなどの物質が、炎症を起こした動脈の血管壁に蓄積される状態を「アテローム性動脈硬化」と言いますが、複数の研究結果から、この症状はコントロール不良な炎症によって促進されることが分かっています。 最近、マウスに高脂肪餌と濃縮されたEGCGを与える実験が行われました(高脂肪餌を与えることにより、実験動物のアテローム動脈硬化症の発現リスクが高まります)。その結果、高脂肪餌とEGCGを摂取したマウスには、高脂肪餌のみを摂取したマウスと比較して、炎症の兆候があまり見られませんでした。 このことから、研究グループは、「緑茶カテキンの主要成分である『没食子酸エピガロカテキン』が、高脂肪餌を摂取しているマウスの炎症を抑えたことにより、同成分に循環器疾患の発症リスクを低減する働きがあることが示唆された」と報告しています。 近年、多くの人は理想的な食生活を送っておらず、その結果として、私たちは以前より心臓病に罹りやすくなっています。EGCGは緑茶を飲むことで摂取可能ですが、私は自分の患者さんに、最適な量を摂取することにより最大限の効果を得られるよう、緑茶に加え、高濃度緑茶カテキンのサプリメント剤の摂取もお勧めしています。

たくさん笑って、ストレス解消

皆さんは、「笑いは百薬の長」という諺をご存知だと思います。しかし、これが科学的にも実証されていることはご存知でしょうか。 米国スポーツ医学会(ACSM)の報告によると、お笑い番組を見ると「動脈コンプライアンス」、すなわち動脈の伸展性が増大することが分かりました。これはつまり、動脈を流れる血量の増加を意味します。笑うことで、身体を構成する約75兆個の細胞がより多くの酸素と栄養を得て、身体全体がエネルギーに満ちた状態になり、さらに血圧も低下するのです。 日常生活における笑いの大切さを示す別の研究結果もあります。日本の研究者、菅原順氏による「被験者がコメディ映画を観た後の24時間、動脈コンプライアンスに向上がみられた」という報告です。「1日1個のリンゴで医者いらず」というアメリカの諺がありますが、この報告によると、「1日1回の笑いで医者いらず」と言うべきでしょう。 また、私は、ストレスが私たちの健康に多くの悪影響を及ぼし、老化の促進と早期死亡に繋がる要因であると確信しています。ご自分のストレスのレベルを確認したことがない方は、診断を受けてみるようお勧めします。 面白い映画をレンタルして、思いきり笑ってストレスを解消し、健康促進に繋げていきましょう。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム