iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

アレルギーの季節

皆さんご存知の通り、アレルギーの季節は毎年到来します。今回のブログでは、樹木および草の花粉、ネコ、そしてその他の環境アレルギーに焦点を当てたいと思います。 早春になると、まず樹木の花粉が猛威をふるい始め、夏が近づくにつれて、草の花粉が加わります。季節性アレルギー、いわゆる「花粉症」の主な症状には、涙目、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻のかゆみ、喉のかゆみ、後鼻漏、耳のかゆみ、朦朧感などがあります。 身体は、アレルギー性タンパク質分子や各種の花粉を、体内に侵入する異物として捉えます。花粉症やその他のアレルギーによる一連の症状は、これらの異物を体外に排出しようとする身体の反応なのです。ここで、アレルギーから身を守るために、身体を強化する自然な方法をいくつかご紹介しましょう。 まず、日常生活で積極的に水を摂取するように心掛けてください。水分が十分に補給された状態を保つことは、アレルギー性炎症への抵抗力を高め、回復力を向上するのに役立ちます。現在の健康状態に関わらず、総じて健康的な生活を送るようにするための第一歩は水分補給を心掛けることです。 次に、私が臨床経験を通して発見したアレルギー制御法として、ケルセチン、ブロメライン、ビタミンCのサプリメント剤を併用する方法があります。これらの成分は、一緒に摂取することにより相乗効果を発揮します。 ケルセチンは天然のバイオフラボノイドで、アレルゲンに晒された時に、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの分泌を抑制します。これに対し、抗ヒスタミン剤は、分泌されたヒスタミンによって引き起こされたアレルギー症状を緩和するための薬です。症状の原因を抑制するケルセチンと、症状が出てからそれに対応する抗ヒスタミン剤では、ケルセチンの方が身体に良いのは明らかです。また、パイナップルの果実などに含まれるブロメラインは、鼻づまり、副鼻腔炎、喉のかゆみなどのアレルギー性の炎症を鎮める効果があります。ケルセチンとブロメラインは、複合サプリメント剤に含まれている場合があるので、涙目や鼻水などの症状を家庭で比較的簡単に緩和できます。さらに、ビタミンCも重要です。私のこれまでの経験から申し上げると、ビタミンCは健康を促進すると共に、アレルギー症状も軽減します。ただし、妊娠中の女性は、サプリメントの摂取を開始する前に、必ずかかりつけの医師に相談するようにしてください。 アレルギーの季節には、「避ける」ことも大切です。アレルゲンにより引き起こされる身体への負担を最小限に抑えることが重要になります。晒されるアレルゲンが多いほど、本格的なアレルギー反応のリスクも上昇します。アレルギーが身体に及ぼす影響は、鼻水や涙目などのみではありません。研究によると、アレルギーは、言語学習能力、意思決定能力、精神運動速度に大きな悪影響を与えているとの報告があります。 アレルギーによる苦しみを軽減し、気持ちよく過ごすための注意点は次の通りです。 アレルギーによる負担を軽減する方法: • (地方紙やインターネットなどで)居住地域の花粉飛散数を確認する • 夕方など、花粉飛散数が高まる時間の野外活動を控える • 家の窓を閉める • 車の窓を閉める • 外出の際には、眼鏡やサングラスをかけて目を保護する • 就寝前に髪を洗う(日中付着したアレルゲンを洗い流すのに重要) • 食物アレルギーの検査を受け、アレルギーを引き起こす食物を避ける • 屋内にカビが生えないように気を付ける(カビは、浴室や地下室で発生しやすい) • 屋内外のペットの毛に付着している花粉とアレルゲンを減らす • 室内の埃を取り除き、HEPAフィルター(高性能微粒子除去フィルター)を搭載した掃除機を使用する 私の20年近くにおよぶ臨床経験では、上記のようなシンプルな方法が患者さんの症状を和らげるのに役立ちました。かかりつけの医師の指導に加え、これらの情報が皆さんとご家族にとって役立つものであることを願っております。 また、拙著『Liberation From Allergies』(アレルギーからの解放)は、環境および食物のアレルギーにひどく悩まされている方々のために執筆したものです。ご興味をお持ちの場合には、ご通読いただけますと幸いです。

DNAの短縮を予防し、老化を防止

最近の研究によると、お茶をたくさん飲むと細胞に良いことが分かりました。 実は、お茶は飲めば飲むほど、生物学的な年齢を若く保てるのです。つまり、お茶を飲む人は、お茶を飲まない同年齢の人と比べて、細胞レベルで若いということです。 香港のある研究グループが、テロメアの長さについて研究を行いました。テロメアとは、染色体の末端に存在するDNA配列であり、細胞が複製され、老化するに伴って短縮されます。研究の結果、お茶を飲む人のテロメアには、お茶を飲まない人ほどの短縮は見られませんでした。 また、テロメアは、酸化ストレスの影響を受けやすく、保護するには十分な量の抗酸化物質の摂取が必要となります。研究グループは、「お茶の抗酸化特性と栄養成分が、通常の老化による酸化ダメージからテロメアを保護している可能性がある」と報告しています。 この研究では、1日3杯のお茶を飲むだけで、約5年の延命効果が期待できるという喜ばしい結果が出ています。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム