iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

硬くて動きが悪い“老け体幹”をリセットするストレッチ

日経ウーマン・オンライン

Healthy and pretty

あらゆるゆる方向から体幹にアプローチすれば女性の悩みが一気に解決

サルコペニア肥満で糖尿病!?筋肉減でインスリン分泌低下

ダイヤモンド・オンライン – 井手ゆきえ 国民健康・栄養調査(2012年)によると、糖尿病が強く疑われる成人男女は950万人、糖尿病予備群は1100万人に上る。男性の4人に1人、女性の5人に1人が糖尿病かその予備群だ。最近、2型糖尿病の発症リスクとして「サルコペニア肥満」という概念が注目されている。

やせなくても「節約体質」に

apital – 田村建二 取材を兼ねてハーフマラソンに出場しようと、5キロほどのジョギングを週1~2回、約5カ月間続けたことがある。やせるかと思ったが、期間中の体重は2キロほど増えてしまった。

10分ストレッチで更年期症状が改善世界初の科学的実証に成功

あなたの健康百科 – 45~55歳くらいの更年期女性は、女性ホルモンの減少によって自律神経のバランスが乱れ、心身にさまざまな症状が現れる。緩和策として、特定の飲み物や食べ物などよいと言われているものは多々あるが、科学的根拠のあるものは少ない。

Tシャツ姿に差がつく!下腹を凹ませる肩関節エクサ

日経ウーマンオンライン – 宇野麻由子 つらい腹筋は無意味! たった5分腕を動かすだけのエクササイズを紹介

ファスティングで成功する人、失敗する人、3つの違い

All About – ファスティングで成功する人と失敗する人はここが違う。ファスティングに成功した人は、ストイック? 意志が強い? それとも……?

変形性股関節症 お尻やふともも付け根に痛み出たら注意

apital – 井上亮 股関節は「寛骨臼(かんこつきゅう)」と呼ばれる骨盤側の屋根にあたる部分と、大腿骨(だいたいこつ)の1番上にある「骨頭(こっとう)」からなる関節です。骨頭は球形であるため、股関節は「球関節」と呼ばれ、脚を前後方向に動かせるだけでなく、開く動作、回す動作など様々な動きができる関節となっています。また股関節は骨盤から脚にかかる体重を最初に受ける重要な関節です。

35歳を過ぎたら「内臓に運動」させろ!

東洋経済オンライン – 小林一行 ダイエットするならまず運動!そう思い込んでいる人も少なくないだろう。前回の記事でも簡単なエクササイズを紹介したが、もちろん、身体を作るうえで適度で適切な運動は有効である。

筋膜リリースは糖尿病にも効果あり!? 学会で発表

あなたの健康百科 – 最近、何かと話題の”筋膜”。全身を覆う筋膜にできたよじれや歪みをリリース(解放)することで、肩凝りや腰の痛みが治るという健康法が注目されているが、実は筋膜リリースの効果はそれだけではなく、糖尿病の改善にも役に立つという驚きの研究結果が、3月19日放送のBSフジ情報番組「華大の知りたい!サタデー」の中で紹介された。今年1月に、国内の学会で発表されたばかりの、最新の知見だ。

朗報!実は「男の脂肪」は簡単に落ちる

東洋経済オンライン – 小林一行

年を重ねるにつれ貫禄が出るのはいいが、ベルトの上にはみ出す“おやじ腹”はいただけない。でも面倒な運動はしたくないし、飲みの誘いも断れない。ダイエットなんて遠い話……と諦め気味の男性諸君、大丈夫、男は思い立てばすぐに痩せることができるのだ。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム