iHealthCast

image image image image image image image image image image

iHealth Castの医師へのご質問やコメント、
フォローされたい方は
こちらから!

facebook  twitter  feed  newsletter

中1の虫歯、全国最少はあの県 17年連続達成の秘密は

 アピタル

昨年の新潟県の中学1年生の平均虫歯数は0・44本で、17年連続で全国最少だったという調査結果を県がこのほど発表した。

子どもの急病にも安心!小児科医が待機する医療相談が人気

ダイヤモンド・オンライン – 吉田由紀子

子どもが夜間に突然、熱を出す、嘔吐したり腹痛を訴える……。その様子に驚いて、救急外来に駆け込んだ経験を持つお母さん、お父さんはいらっしゃるだろうか。おそらく、大半の方が、イエスと答えるに違いない。

「貼る注射」で、痛みや体への負担を軽減 進化する「経皮吸収型」の投薬技術

日経ビジネス・オンライン – 齊藤 美保

皮膚から薬を投与する経皮吸収型の投薬技術が進化している。痛みや副作用が少なく、体への負担が軽いなどの利点を持つ。痛くない注射針「マイクロニードル」も本格的な実用化への道が開けつつある

総額100万円も!「卵子凍結」する女性の事情

東洋経済オンライン – 藤村美里 「今は産めない」理由はこんなにある。年齢とともに「卵子が老化していく」――。ここ数年、メディアでその事実がさかんに報じられてきた。

B型肝炎ワクチンが定期予防接種に

apital – 森戸やすみ 今までは任意予防接種だったB型肝炎ワクチンが、今年10月から定期予防接種になります。対象者は2016(平成28)年の4月以降に生まれたお子さんで、0.25mlを3回接種します。初めの2回を約4週間あけて打ち、初回から20~24週間あけて3回目を打つというスケジュールで、1歳になるまでに終わらせます。

「タバコを吸う人」の歯がとっても危ない理由

東洋経済オンライン – 虫歯、口臭、歯周病…子どもにも悪影響及ぶ

子供の発熱、厚着は逆効果の場合も…対処法を紹介 1月16日放送NHK・Eテレ「チョイス@病気になったとき」より

あなたの健康百科 –  萩原忠久1/21/2016

1年で寒さが最も厳しくなるこれからの時期、特に小さな子供は、発熱することも。

ころび方が上手な子は、大ケガをしない――子どもの脳力が120%アップする心得

ダイアモンド – 久保田カヨ子 1/19/2016

ころび方の上手な子は、なぜ、大ケガをしないのか?

「メンタルの強い子」を育てる10のコツ

All About – All About 編集部 1/12/2016 子どもが困っているときに手を差し伸べるのが親の役目。かといって、いつまでもそばにいて助けてあげられるわけではない…。自立して幸せな人生を、と思うなら、転んだときに立ち上がる力、逆境に負けない強い心を育てたいですね。

低脂肪乳や低脂肪ヨーグルト、体を強く

Medエッジ – Medエッジ 12/29/2015 週に7杯以上、低脂肪乳や低脂肪ヨーグルトを食べる人は、食べない人に比べて、年を取ることに伴う肉体の衰え「フレイル」の発生率が2分の1ほど低かった。

newsletter

知って安心!
耳寄り情報

姿勢改善のコツ

  • 1.猫背にならないように気をつけましょう。胸を張り、あごを引いて、うつむかず、常に良い姿勢を維持することを意識しながら行動しましょう。

  • 2.頭を糸で天井に向かって引っ張られているイメージを持つことにより、正しい姿勢が作りやすくなります。

  • 3.長時間座って仕事をする方は、時々立ち上がり、ストレッチをしたり、手足を振りましょう。

  • 4.体幹トレーニングを日課として取り入れましょう。体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

  • 5.人間工学設計の枕や固めのマットレスは、寝ている間にも良い姿勢を保つ上で役立ちます。

医師のブログ

健康情報

記事一覧

トップへ | ホーム